縦型ダイヤル式レバータイプの鍵が開かなくなってしまいました

レバーと暗証番号が付いた金庫
old safe lock

マイナンバー制度が開始されてから、銀行の預金口座にもマイナンバーが設定されてしまうという話を聞き、早い段階から手を打つという目的で自宅に金庫を導入することになりました。私が持っている資産はざっと数えて1000万円弱ですので、預金口座から現金化するとかなりの量になってしまいます。そのため、導入する金庫は縦型のダイヤル式レバータイプのものを選択しました。これであれば十分に収納できるだけではなく、その資産全てを安全に保管できると考えたからです。しかし、そんな思いも簡単に破綻してしまいました。というのも、この縦型ダイヤル式レバータイプの鍵が開かなくなってしまったからです。このトラブルが起こった時、最初はどのようにすればいいのかわからずパニックになりました。なにせ自分の金融資産全てがそこに詰まっているわけですから、当然ですよね。

人間、自分の人生やお金が絡んでくると強くなるもので、縦型ダイヤル式レバータイプの金庫の鍵が開かなくなってしまった時でも、どのようにしてでも開けてやるという意気込みで様々な方法を探してみました。
(参考:最新の金庫ってどれくらいすごいの?

まず金庫の鍵がどのようになって開かなくなったのかを自分自身で精査し、その結果、鍵の中にゴミが詰まっている様子であったため、鍵のクリーニングを依頼することになったのです。そのクリーニングを依頼したのは、近所にある最近できた鍵屋さん。この鍵屋さんであればどのような金庫でも対応していただけるということだったので、縦型ダイヤル式レバータイプの金庫でも安心して任せられると考えた故の行動です。

この鍵屋さんに作業を依頼すると、ほんの一時間程度で鍵の中に詰まっているゴミの掃除は終了し、鍵が刺さるようになりました。鍵が刺さるということはつまりのところ鍵が開くようになったので、私の金融資産は無事に取り出せるようになったのです。どうなることかと思いましたが、無事に事が収まりよかったです。

テンキータイプの金庫はボタンについた手の脂にご注意

金庫のテンキー

従来からのダイヤル式の金庫だけでなく、近年ではテンキータイプの金庫も随分と普及するようになりました。このテンキータイプの施錠システムというのは、金庫だけでなく玄関ドアや会社のドアなどにも数多く採用されています。いわゆる電気錠といわれる施錠システムで、とくに、ドアに採用されているテンキータイプの鍵ともなると、暗証番号を入力するタイプだけでなく、カードを差し込んだりカードをかざすタイプなど種類もかなり豊富にあるようです。もちろん、会社などの明るい場所の金庫 鍵開けの場合には、ダイヤル式でもテンキータイプでもどちらでもいいのかもしれませんが、玄関ドアともなると断然テンキータイプの方がいいでしょうね。何故なら仕事の帰りが遅くなった際に、カバンの中やポケットの中から鍵を探した後、薄暗い玄関で鍵穴を探す手間も要りません。テンキータイプであれば、暗証番号を入力したりカードをかざすだけで簡単に開錠が可能です。

詳しくはこちらの記事へ
→ 防犯性の高い金庫はどれがいいのか?

またその他にも、入力をする度に数字の配列が変更されるというランダム式のテンキーもあるようですね。ただし、テンキータイプには思わぬ落とし穴もあるようなのです。例えばテンキータイプの金庫であれば、ボタンについた手の脂にご注意あれ!といいたいのです。あるいは、毎回同じ番号を入力していると、その番号のボタンだけ摩耗してしまうという可能性すらあります。そうなると、第三者に暗証番号を見破れてしまうといったリスクも発生してくるでしょうね。しかも、金庫ともなると耐用年数に相当する年月まで使い続けることにもなるので、当然同じボタンだけ摩耗してくることが想定されます。摩耗し過ぎて、数字が読み取れなくなるということすら考えられるでしょうね。ボタンに付いた手の油どころの話ではありません。致し方がないといえばそれまでなのですが、どうしても心配ということであれば、ダイヤル式や指紋認証式の金庫がいいでしょうね。